飲食店経営を始める人に役立つ情報サイト

飲食店を経営する時に注意するべきこと

>

開業に向けての注意点は

物件探しする時の注意点は

飲食店の経営に際しては、顧客層の絞り込みも大事です。
地元を中心とした常連客をメインにするほか、観光客をターゲットにする方法もありますよね。
なかには、ある季節だけ営業するお店もあるでしょう。

飲食店の安定経営を目指すためには、立地条件は大きな課題になります。
経営者や従業員はもちろん、お客様が通いやすい場所を選ぶことが大切です。
また、店内だけでなく、通路などのバリアフリー対策も考える必要がでてきますね。

食べ物によるニオイが出るのも、飲食店経営が抱える大きな悩みです。
さらに、早朝や深夜営業のお店では、騒音への配慮も重要になります。
そのためにも、建物の構造には入念なチェックが欠かせません。
場合によっては、営業時間を見直すことや、一軒家を借りる必要性があるかもしれませんね。

資金準備の注意点も確認しよう

まず、独立・起業するためには、半年から1年分の生活費を用意しておきましょう。
そのためには、現在の収入源を完全に断ち切らないことが大切です。
たとえば、夫婦で飲食店経営する場合は、どちらかが現職を続けるのがポイント。
いきなり法人経営するやり方ではなく、個人経営から始めることも考えたいですね。

物件の借入費用や改装費用にも多額のお金が必要です。
店舗物件は、内装設備などがない「スケルトン」と、それらが整っている「居抜き」から選ぶことができます。

費用面では、前者のほうが高くなりますが、自分好みにレイアウトできるメリットが大きいです。
資金を借りるときは、借入可能額はもちろん、具体的な条件についても早めに確認しておきましょう。

なお、飲食店開業には、保健所や税務署などでの手続も必要ですので、こちらの詳細についても知っておきたいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る